丸八生糸株式会社
- New Silk Road -
かつてシルクロードの終着点であった日本は、数々の優美な絹織物で絹文化の頂点を極めました。

そしてその伝統に立って、複合素材や機能性素材の開発などにより、新しい時代のシルクが発展を遂げようとしています。

丸八生糸は、シルク産業の集積地である京都から、世界のシルクマーケットに伝統とその革新を広めていきたいと考えます。
シルクは<天然>なの?
シルクはコットンやウールと同じように天然繊維です。
でも自然のままにできるわけではありません。
シルクを作るのはカイコ(蚕)という蛾の幼虫です。
カイコは自然界では生きていけません。
カイコを孵化して桑の葉をエサとして与え養蚕農家の方々が育てます。
そうやって生き物から人間の手でやさしく丁寧に生み出されるのがシルクです。
でもたまに思った通りのシルクが生産できないこともやっぱり「天然もの」だからでしょう。
シルクは<国際商品>というけれど…
古の交易路がシルクロードと呼ばれたように、シルクは悠久の歴史で国際的に取引されてきた商品です。
いま日本で消費されるシルク商品も99%が世界各地からの輸入品です。
われわれも世界からシルクを届ける一翼を担っています。
数千年の歴史を誇りいまも主役の中国産生糸はじめ、アジアにひろがる新興産地の生糸など、シルクビジネスのプレイヤーが近年増えています。
これからどんな生糸を取り扱うか「楽しみ」が増えています。
シルクビジネスの<最前線>は
シルクはすべての繊維の中で1%未満の超レア商品です。
そんなシルクビジネスで活躍するのは、シルクの専門知識とシルクビジネスへの愛着を持つ人たちです。
世界でシルク消費は年々増加しています。
ビジネスフィールドは拡がり、最先端の加工技術が開発されている、その傍らで伝統的な手仕事も現役です。
<近未来と伝統>がハイブリッドしている興味深いビジネスだと思います。

Copyright (C) 2018 MARUHACHIKIITO co,.Ltd All Rights Reserved